ストレージとアーカイブ

Official translation unavailable. Translate this page with Google:

君の Control Center データには、ドキュメントと印刷履歴ログが含まれます。すべてのデータはあなたの Control Center SQL データベース。

ラベル ファイル、ソリューション、グラフィックス、およびその他のファイルをドキュメント ストレージに保存します。 Control Center は履歴ログを自動的に生成し、ログ データのサイズは印刷アクティビティの頻度によって異なります。

保管所

NLCEssentials-NLCBussines-NLCCompliance

やがて、保存されたデータのサイズがストレージ スペースの限界に達する可能性があります。 NiceLabel Cloud.クラウド ストレージから一部のデータを消去することをお勧めします。より多くのスペースが必要な場合 ドキュメント、または履歴ログの保持期間を延長したい場合は、お問い合わせください NiceLabel 販売。

クラウド ストレージを管理するには、 管理 > 保管所 どこのことができます:

  • で使用済みスペースを確認してください ドキュメント.

    注記

    ドキュメントの保存容量は、 NiceLabel Cloud 版。

  • 管理する Control Center クラウド データベース (SQL データベース) 接続文字列と資格情報。

  • データ アーカイブをダウンロードします。

    注記

    データ保持期間は、 NiceLabel Cloud 版。

アーカイブ

LMSPro-LMSEnterprise

やがて、保存されたデータのサイズが数ギガバイトに達することがあり、パフォーマンスに影響を与える可能性があります。 Control Center.パフォーマンスの問題を回避するために、履歴ログをアーカイブできます。 管理 > アーカイブ.

CC2021_Archiving.png
  • 定期的なアーカイブを有効にするには、オプションを選択します スケジュールされたクリーンアップを実行する、次に定義 クリーンアップ構成 設定。

  • 定期的にクリーンアップを実行できます Control Center 古いコンテンツを削除するか、古いコンテンツをローカルの Access データベースに到着させることにより、SQL データベースにアクセスします。

  • アーカイブ データの整理 オプションを使用すると、クリーンアップごとに新しいアーカイブ ファイルを作成したり、同じファイルに広告データを作成したりできます。