Official translation unavailable. Translate this page with Google:
LCBussines-LCComplience-LMSEnterprise

マスターのドキュメント リポジトリ内のファイルを同期します。 Control Center あなたのクライアントと Control Center インスタンス。あなたのクライアント Control Center インスタンスは、マスターから公開されたファイルとフォルダーの正確なコピーでドキュメント リポジトリを更新します Control Center.

次の目的で同期を使用します。

  • 地理的に分散した場所でのファイルの同期.あなたのマスター Control Center あなたの会社の本社にあります。ラベル デザインを保存し、マスターのドキュメント ストレージで承認プロセスを管理します。 Control Center .ラベルを承認して公開したら、ラベルをリモートの実稼働環境に配布します。すべてのリモート Control Centerはクライアントとしてマスターに設定されます Control Center.

    CC20193_adm_synchronization_star_deployment.png
  • 複数段階の展開 (開発 > テスト (品質保証) > 本番) のファイルの同期.ファイルは、開発から本番環境へのチェーン プロセスに従います。 Control Center 開発環境でのマスターは Control Center テスト環境で Control Center テスト環境では、 Control Center 本番環境で。

    CC20193_adm_synchronization_multi_stage_deployment.png

注記

同期が有効な場合、クライアントのドキュメント リポジトリ Control Center 読み取り専用モードに切り替わります。クライアントでフォルダーとファイルを追加または削除できない Control Center .フォルダーのワークフロー タイプを変更し、これらのフォルダー内のファイルのワークフロー ステップを変更できます。レプリケートされたドキュメント リポジトリからファイルを削除することもできます。削除されたファイルは、次の同期間隔でマスター ドキュメント リポジトリから同期されます。

重要

マスター サーバーでファイルを削除しても、これらのファイルはクライアント サーバーでは自動的に削除されません。クライアント サーバーを使用した本番環境でエラーが発生しないようにするには、クライアント サーバーからファイルを手動で削除する必要があります。

同期の有効化

まず、マスターでセキュリティ キーを生成します Control Center:

  1. マスターを開く Control Center ページ。

  2. に行く 管理 > 同期.

  3. クリック キーの生成.

クライアントで同期を有効にするには Control Center:

  1. を開きます Control Center ページに移動して 管理 > 同期.

  2. マスターで生成されたセキュリティ キー (トークン) を入力します Control Center.

  3. 有効 Document Storage を別の Control Center サーバーから同期する.

  4. 調整 同期設定同期スケジューリング.

    注記

    ドキュメント ストレージは読み取り専用です オプション: このオプションを有効にすると、複製されたドキュメント リポジトリが読み取り専用モードで動作します。同期されたフォルダーと含まれているドキュメントは変更できません。レプリケートされたドキュメント リポジトリに追加のフォルダーまたはファイルを追加できるようにするには、このオプションを無効にします。

  5. 定義できます 同期設定 をスライドさせれば Document Storage を別の Control Center サーバーから同期する スイッチ。

    009_synch1.png
  6. クリック 保存.

選択を解除すると、同期を無効にできます Document Storage を別の Control Center サーバーから同期する.

同期アクティビティのロギング

各同期サイクルの後、同期アクションに関する情報がシステム イベント ログに追加されます。レポートには次の情報が含まれます。

  • 同期の開始時刻。

  • 同期の終了時刻。

  • 同期されたファイルのリスト (ファイル名、リビジョン)。

同期規則

同期手順が従う主な規則は次のとおりです。

  • クライアントは常に同期を開始して構成します。

  • マスターのセキュリティ キーと一致するセキュリティ キーを提供する必要があります。 Control Center.セキュリティ キーは、許可されたクライアントのみにアクセスを許可します。をクリックできます。 キーの生成 マスターのボタン Control Center をクリックしてセキュリティ キーを生成するか、カスタム文字列を入力します。

    008_sync_key.png
  • ワークフロー プロセスの一部であるファイルのみを同期できます。

  • 特定のフォルダに対して選択されたワークフローの最終ステップにあるファイルが同期されます。ワークフローの最終ステップは通常、 承認済み また 公開された.これは、選択したワークフローによって異なります。

  • ソース ファイルがクライアント上で同期されると、クライアント上のファイルは、クライアント上のフォルダーに対して定義されたワークフローの初期状態に置かれます。クライアント上のフォルダーのワークフロー プロセスは、マスター上のワークフロー プロセスとは異なる場合があります。

  • ファイルのリビジョン番号も同期されます。マスターのリビジョン 10 のファイルがクライアントと同期されると、クライアントでもリビジョン 10 が保持されます。すべてのリビジョンが承認/公開されているわけではないため、クライアントのリビジョン番号にギャップが生じることが予想されます。

  • ファイルの廃止 古い公開ファイルを読み取り専用ユーザーが使用できないようにします。クライアント ドキュメント リポジトリがマスターと同期するとき Control Centerの場合、廃止された承認済みファイルはマスター ドキュメント リポジトリからコピーされますが、クライアント ドキュメント リポジトリでは廃止としてマークされなくなります。これらのファイルをクライアント ドキュメント リポジトリでも読み取り専用ユーザーから見えないようにするには、手動で廃止します。ファイルを廃止する方法については、セクションを参照してください。 特定のアクセス許可オプション.

  • 同期サービスは、マスター上のファイルのリストと状態を定期的に取得し、それらをクライアントのコピーと比較します。新しいファイル、より高いリビジョン番号を持つファイル、および承認プロセスで最終状態に達したファイルは、複製されたドキュメント リポジトリで更新されます。

  • 同期は独自の認証方法を使用し、マスターで構成された認証モードをバイパスします Control Center.すべてのデータ交換は暗号化されています。