アクセス ロール

Official translation unavailable. Translate this page with Google:

使用する アクセス ロール ラベル付けシステム全体を安全に保つのに役立ちます。アクセス ロールのメンバーが何を実行でき、何を表示できるかを正確に選択できます。 Control Center その他 NiceLabel 内のモジュール NiceLabel CloudLabel Management System 製品。

アクセスの役割と権限を管理する方法を学ぶ

使用 ユーザー > アクセス ロール ページイン Control Center 設定する ユーザー権限 独自の特定のセキュリティ ポリシーに従って、ラベリング システムに適用できます。アクセス ロールを使用すると、さまざまな権限セットを割り当てることができます。 Control Center ユーザー。

注記

LMSPro-LMSEnterprise

ユーザー権限を設定する前に、まず、 認証を有効にする あなたの Label Management SystemControl Center.

認証を有効にしたら、にログインします。 Control Center 管理者としてアクセスするにはアクセス ロール ページ。

Control Center バランスの取れた権限セットを持つデフォルトのアクセス ロールが含まれています。

注記

これらのデフォルトのアクセス ロールには、あらかじめ設定された範囲の特権があります。管理者ロールを除く各ロールのデフォルトの権限を手動で変更できます。

NLCEssentials_NCBussines_NCCompliance_LMSPro_LMSEnterprise
  • 管理: すべての権限が付与されます。この役割のメンバーは満員です Control Center 特権。管理者はできる デフォルトの役割の編集、役割のカスタマイズ、ユーザーまたはグループへの役割の割り当て.

  • 承認者: ロール メンバーがドキュメント ストレージでラベルまたはソリューションを確認、承認、または却下できるようにします。承認者はドキュメントを本番に送信します。

  • 承認者 (第 2 レベル): ロール メンバーは、 2 番目の文書承認ステップ.承認者はドキュメントを本番に送信します。

  • 著者: ロール メンバーがラベル テンプレートとソリューションを作成または編集できるようにします。このロールのメンバーは、ラベルとフォームを編集でき、ラベルの作成を制御できます。

  • オペレーター: ロール メンバーがラベルを印刷し、編集せずにソリューションを実行できるようにします。このロールのメンバーは、Document Storage への読み取り専用アクセス権を持ち、ラベル テンプレートやアプリケーション構成を変更することはできません。

  • サービスプロバイダー: サービス プロバイダーがサポート、セットアップ、および管理のためにアカウントにアクセスできるようにします。デフォルトでは、この役割にはメンバーがいません。

LMSPro-LMSEnterprise
  • ロールオフ: この役割は、すべてのメンバーに自動的に割り当てられます。 Control Center あなたの後のユーザー あなたの設定 認証方法認証なし.デフォルトでは、このロールにはすべての権限が付与されています。

NLCEssentials-NLCBussines-NLCCompliance
  • クラウド インテグレーター: クラウド インテグレーターが ドキュメント ストレージのみ。クラウド インテグレーターは Cloud API を使用しますが、テスト目的でクラウド インテグレーターも使用できます。 Control Center UI。

例24 例

John にはフル アクセスが必要です ドキュメント ストレージを使用して印刷ソリューションをアップロードし、生産に使用できるようにします。 John のアクセス ロールを Author に設定します。

Annie は、消耗品の印刷に関するレポートを作成するために [レポート] ページにアクセスする必要があります。 Annie には、任意のデフォルトのアクセス ロールを割り当てることができます。

チャーリーは印刷業者です。彼はランタイム モードでソリューション ファイルを実行し、ラベルを印刷するだけです。チャーリーのアクセス ロールをオペレーターに設定します。

マーサはアカウント管理者です。彼女はすべての管理機能にアクセスする必要があります。マルタ所属 管理者 アクセス ロール。


デフォルトのアクセス ロールを編集する方法、または新しいアクセス ロールを追加する方法については、以下をお読みください。 アクセス ロールの設定.

複数アクセス ロール メンバーシップ

ユーザーまたはユーザー グループが複数のアクセス ロールのメンバーである場合、それらの全体的なセキュリティ アクセスは、すべてのアクセス ロールの特権を合計します。

ユーザーが 2 つのアクセス ロールのメンバーである場合、 Control Center 最上位のアクセス ロールから特権を付与し、他のロールで拒否された特権をオーバーライドします。

例25 複数アクセス ロール メンバーシップ

チャーリー のメンバーです オペレーター著者 アクセス ロール。彼のオペレーター ロールは、に保存されているファイルへの読み取り専用アクセスを彼に付与します。 ドキュメント、しかし、彼の作成者の役割は、彼にへの完全なアクセスを許可します ドキュメント.この場合、Charlie は次へのフル アクセス権を持っています。 ドキュメント.


アクセス ロールの作成

設定できます アクセス ロール のユーザー向け Control Center 2つの方法で。デフォルトのアクセス ロールを編集することも、独自のカスタム アクセス ロールを最初から作成することもできます。また、既存のアクセス ロールを複製して、コピーを編集することもできます。

  • 特定のポリシーまたは手順に準拠するように、デフォルトのアクセス ロールをカスタマイズします。

  • デフォルトの役割を保持したり、特別な使用例のために追加のカスタマイズされた役割を使用したり、新しいアクセス ロールを追加したりできます。

注記

カスタマイズしたアクセス ロールは削除できますが、デフォルトのアクセス ロールは削除できません。

カスタマイズしたアクセス ロールを削除すると、それに応じてロール メンバーの権限が失われます。

  1. 開く アクセス ロール、に行く ユーザー > アクセス ロール.

  2. 次の 3 つのオプションがあります。

    • デフォルトのアクセス ロールを編集するには、編集するロールをクリックします。

      警告

      一部のデフォルトまたはユーザー定義のアクセス ロールでオプションが有効になっています ファイルとフォルダーを更新する.これにより、ラベルの未公開 (ドラフト) リビジョンが印刷される可能性があります。この機能はテスト環境に役立つため、オプションを無効にすることをお勧めします ファイルとフォルダーを更新する 本番環境で。

      にスクロールすると、このオプションを無効にできます。 このルールの権限 セクションに移動し、 ドキュメント タブ > デフォルトのドキュメント権限 > 保管所.

    • 新しいアクセス ロールを設定するには、 追加.

    • 既存のアクセス ロールをコピーするには、ロールを選択し、 複製.

  3. Control Center 開く 新しいアクセス ロールの作成 編集用の構成ページ。

    1. 設定で、役割の名前と説明を入力します。これらを他の役割と区別しやすくします。デフォルトのアクセス ロールについては、すでにそこにあるロールの説明を編集できます。

    2. 役割を設定する 状態.トグル アクティブ 役割をすぐに利用できるようにします。トグル 一時停止 ロールを使用不可にします。

      注記

      デフォルトのアクセス ロールは常にアクティブです。変更できるのは 状態 手動で作成する新しいロールの。

    3. 設定 この役割の権限.このアクセス ロールのメンバーが実行できるタスクを定義します。アクセス許可の設定の詳細については、以下をお読みください。 ロール権限の設定。

    4. この役割のユーザー クリック 追加 個々のユーザーまたはユーザー グループをアクセス ロールに追加します。新しいポップアップ ウィンドウが開きます。

      NLCEssentials-NLCBussines-NLCCompliance
      • 全て 会社の Azure Active Directory とゲスト ユーザーに属するすべてのユーザーを一覧表示します。

      • ゲスト ユーザー クラウドに招待されているか、すでにサインアップしているすべてのユーザーを一覧表示します Control Center 招待リンクを使用します。

      LMSPro-LMSEnterprise
      • アプリケーション ユーザー を使用して自分自身を認証するすべての既存のユーザーを一覧表示します アプリケーション認証.

      • アプリケーション グループ を使用して自分自身を認証するすべての既存のユーザー グループを一覧表示します。 アプリケーション認証.

      • Windows ユーザー 会社の Active Directory で定義されているすべてのユーザーを一覧表示します。

      • Windows グループ 会社の Active Directory で定義されているすべてのグループを一覧表示します。

  4. クリック 保存.

君の アクセス ロール 構成され、すぐに使用できます。

注記

すべてのレポートを含む Excel テーブルを作成することもできます Control Center ユーザーとそのアクセス ロール ユーザーとアクセス ロールのレポート ウィンドウクリック レポートを作成.

役割のアクセス許可へのアクセス

アクセス ロールのアクセス許可を設定すると、ラベル付けシステム全体を安全に保つことができます。アクセス ロール メンバーができることと表示できることを正確に選択できます。 Control Center その他 NiceLabel プログラム。

注記

NiceLabel バランスの取れた権限セットのため、既定のアクセス ロールを使用することをお勧めします。アクセス許可を設定する前に、 セキュリティ ポリシーを検討する 各アクセス ロールのアクセス許可を慎重に設定します。

セキュリティのために、さまざまなアクセス ロールのユーザーは、ファイル、フォルダー、およびアクションを使用するときに、さまざまなレベルのアクセスを必要とします。 Control Center. NiceLabel 共通の権限レベルをデフォルトのアクセス ロールにグループ化します。管理者は、新しいアクセス ロールをカスタマイズまたは作成できます。使用 このロールの権限 のセクション アクセス ロール 各アクセス ロールのメンバーが使用できるアクションまたは設定を制御します。

設定するには ロール権限へのアクセス、 次の手順を実行します:

  1. にログイン Control Center 管理者として。

  2. に行く ユーザー > アクセス ロール.

  3. 追加 新しいアクセス ロールを選択するか、リストから既存のアクセス ロールをクリックします。

    新しいアクセス ロールの作成

  4. 権限を設定します。

    このロールの権限 セクションには、使用可能な権限のリストと詳細な説明を含む複数のタブが含まれています。

    • 許す この役割の特定の権限を確認するには、チェックボックスを選択します。

    • 無効にする このロールに特定の権限を付与するには、チェックボックスをオフにします。

      注記

      パーミッションを無効にすると、アクセス ロール メンバーから見えなくなります。

    19_permissions_for_this_role.png
    • 使用 全般的 タブで設定します グローバル あなたの役割の権限 NiceLabel モジュールを作成し、このロールのユーザーがラベリング システムで実行できる操作を決定します。例えば:

      • 走る NiceLabel プログラム:

        • Designer

        • Print

        • Automation

      • ドキュメントの編集

      • ラベルを印刷する

      • 実行フォーム

      • グローバル変数の編集

      • オプションの編集

      • ライセンスのアップグレードと非アクティブ化

    • 残りのタブを使用して設定します 役割の権限 に固有の Control Center.これらの権限は、ユーザーがログインしたときに適用されます Control Center.次の [権限] タブは、 Control Center:

      • 概要: 概要ページへのアクセスを設定します Control Center .

      • ドキュメント: 一般、既定、およびカスタムのアクセス許可を設定します。 ドキュメント ストレージ: アーカイブ/復元、パージ、ワークフローの設定など。

        注記

        ファイル アクセス制御オプションの詳細については、以下をお読みください。 ファイル アクセス制御.

      • アプリケーション: アプリケーションおよびクラウド統合管理の権限を設定します。

        注記

        実行を有効にすることもできます NiceLabel Automation マネジャー。

      • プリンター: 印刷キューの表示と管理、プリンター グループの構成、予約、およびクラウド プリンターのアクセス許可を設定します。

      • 歴史と分析: エラー、アラート、印刷ジョブ ログ、ラベルの再印刷、データの表示、およびシステム監査ログを表示するためのアクセス許可を設定します。

      • ユーザー管理: ユーザーが認証設定、アクセス ロール、アプリケーション ユーザーとグループ、およびアプリケーション ユーザーのパスワード設定を管理できるようにします。

      • 管理: 複数の管理者権限を設定する Control Center ロール ユーザーにアクセスします。

  5. クリック 保存 許可を適用します。

カスタムのアクセス ロール権限が保存され、 Control Center その他 NiceLabel プログラム。

アクセス ロール

LMSPro-LMSEnterprise

ユーザー ページでは、追加したユーザーにアクセス ロールを割り当てることができます。これは、新しく追加されたユーザーが持つ権限のレベルを定義する方法です Control Center.アクセス ロールと関連するユーザー権限の詳細については、セクションを参照してください。 ユーザー権限の管理.

アプリケーション ユーザーにアクセス ロールを割り当てるには:

  1. に行く ユーザー > ユーザー

  2. リストからユーザーをクリックします。ユーザー構成ページが開きます。

  3. アクセス ロール クリック 追加.

  4. 役割を追加する ダイアログが開きます。利用可能なアクセス ロールが一覧表示されます。ユーザーに適切な役割を割り当てます。

  5. クリック わかった.

  6. クリック 保存.

ユーザーは、対応するすべてのユーザー権限を持つ、選択したアクセス ロールのメンバーになりました。