アプリケーション ユーザー

Official translation unavailable. Translate this page with Google:
LMSPro-LMSEnterprise

組織のメンバーを Label Management System、最初にそれらをユーザーとして定義する必要があります。の ユーザー ページでユーザーを一元管理できます。アプリケーションと Windows AD ユーザーを追加してグループ化し、割り当てることができます。 特権、アプリケーションを共有します。

ユーザーの追加

LMSPro-LMSEnterprise

新しい Web アプリケーション ユーザーを追加するには:

  1. に行く ユーザー > ユーザー

  2. クリック ユーザーを追加する.最初の選択 Windows AD ユーザー また アプリケーション ユーザー.

    設定で、必要なユーザー情報を入力します。選択した場合 アプリケーション ユーザー、アプリケーション ユーザーがログインに使用するユーザー名/パスワードを定義します。 Control Center.

    注記

    追加で定義した場合 パスワード設定、ユーザーはパスワードの複雑さの規則に従う必要があります。これらには、文字の種類、文字数などを含めることができます。

  3. 選択した場合 アプリケーション ユーザーの下にある 1 つ以上のアプリケーション グループにユーザーを追加できます。 アプリケーション グループ.

    注記

    ユーザーを アプリケーション グループの説明に従って、まずグループを作成します。 グループ トピック。

  4. アプリケーション、すぐにできます ラベル テンプレートまたはアプリケーションの共有を開始する あなたから Control Center ユーザーと一緒に。

    21_applications.png
  5. アクセス ロール、適切なアクセス ロールをユーザーに割り当てることができます。アクセス ロールを使用すると、ユーザー権限を制御できます。 NiceLabel Cloud.

    1. クリック 追加.の アクセス ロールの追加 ダイアログが開きます。ゲスト ユーザーの役割を選択します。

    2. クリック わかった.

    注記

    各アクセス ロールに付与された権限を確認するには、 ユーザー > アクセス ロール > ロールをクリックします。この特定のアクセス ロールに付与されたアクセス許可を以下で確認できます。 この役割の権限.

  6. デフォルトでは、ユーザーのステータスは アクティブ.ステータスをアクティブにして、ユーザーがログインできるようにします Control Center.

  7. クリック 保存.

招待されたアプリケーション ユーザーがログインできるようになりました Control Center あなたが提供したユーザー名とパスワードで。

アクセス ロール

LMSPro-LMSEnterprise

ユーザー ページでは、追加したユーザーにアクセス ロールを割り当てることができます。これは、新しく追加されたユーザーが持つ権限のレベルを定義する方法です Control Center.アクセス ロールと関連するユーザー権限の詳細については、セクションを参照してください。 ユーザー権限の管理.

アプリケーション ユーザーにアクセス ロールを割り当てるには:

  1. に行く ユーザー > ユーザー

  2. リストからユーザーをクリックします。ユーザー構成ページが開きます。

  3. アクセス ロール クリック 追加.

  4. 役割を追加する ダイアログが開きます。利用可能なアクセス ロールが一覧表示されます。ユーザーに適切な役割を割り当てます。

  5. クリック わかった.

  6. クリック 保存.

ユーザーは、対応するすべてのユーザー権限を持つ、選択したアクセス ロールのメンバーになりました。

パスワード設定

LMSPro-LMSEnterprise

会社で Active Directory を使用していない場合でも、認証を有効にすることができます。 Control Center.この場合、あなたの 認証方法 "と呼ばれるアプリケーション ユーザーとして" メソッド。このアプリケーション認証方法を使用すると、 Control Center 内のユーザー Control Center.これらのユーザーは、 アプリケーション ユーザー.

注記

Windows 認証とは対照的に、管理者権限を持つユーザー アクセス ロール 個々のアプリケーション ユーザーごとにユーザー名とパスワードを定義します。

アプリケーション ユーザーのパスワード設定を開いて管理するには:

  1. に行く ユーザー > ユーザー そしてクリック パスワード設定.

  2. 定義 パスワードの文字設定:

    • 最小文字数 ユーザーが「x」文字より長いパスワードを作成することを制限できます。長いパスワードはより安全です。

    • 大文字、小文字、文字、数字 - 有効にすると、ユーザーは大文字と小文字、および数字の組み合わせを使用してパスワードを作成する必要があります。これにより、パスワードの複雑さが増し、パスワードが解読されにくくなります。

    • 特殊文字 - 有効にすると、ユーザーは特殊文字を含むパスワードを作成する必要があります。特殊文字はパスワードの複雑さを増し、パスワードのクラックを困難にします。

    • ユーザー名をパスワードの一部にすることはできません - パスワードをさらに安全にすることができます。これにより、ユーザーは自分のユーザー名をパスワードの一部として設定できなくなります。

  3. パスワードの有効性、オプションでパスワードが有効な日数を設定できます。定義された日数が経過すると、ユーザーは新しいパスワードの入力を求められます。ユーザーがパスワードを変更しない場合、管理者は期限切れのパスワードを変更して再び有効にする必要があります。

  4. パスワード履歴では、ユーザーがログインに使用できない先行パスワードの数を定義できます。 Control Center.このオプションを使用して、パスワードが無効になった後にユーザーがパスワードを再利用できないようにします。

  5. アカウントのログイン試行の失敗による一時停止 ログイン試行の失敗回数を設定できます。 Control Center アカウントを自動的に停止します。ユーザー アカウントを一時停止した後、管理者はそのアカウントを再度アクティブにして、再び使用できるようにする必要があります。

    アカウントを再開するには、次の URL にアクセスしてください。 ユーザー管理 > アプリケーション ユーザー > ユーザーを選択 > トグル 状態アクティブ.

  6. アカウントの非アクティブ停止 アカウントが停止されるまでのアカウントの非アクティブな日数を設定します。

    アカウントを再開するには、次の URL にアクセスしてください。 ユーザー管理 > アプリケーション ユーザー > ユーザーを選択 > トグル 状態アクティブ.

  7. クリック 保存.

定義され強制されたパスワードにより、あなたのレベルを向上させます Control Center 安全。